【ビジネスモデル思考実験第1号】アパレルビジネス

アパレルビジネス

後輩の相談に乗っていたら全然知識がなかったのもありますが、知識がないことで可能性が狭くなっている気がしました。

知識不足を補う勉強だと面白くないので、こういうのやったら稼げるんじゃない?みたいなのを考えて紹介していこうかなと思います。

こういった企画はネットビジネスが多くなりがちなので物販で考えました。
(販路はネットになると思いますが)

アパレルビジネスも簡単に始められる時代

STARted(スターテッド)
STARted(スターテッド)は、イラストをアップロードするだけで服ができるサイト。服飾の専門知識がまったくない人でもアパレルブランドの立ち上げをして、販売ができるサービスです。

イラストをアップロードするだけで服ができるサービスがあります。

別にこういったサービスを使って理想の服を作るアパレルビジネスをやってもいいわけです。

コンセプトはどうやって考えるの?

さすがにコンセプトは自分で考えろといいたいところですが、ヒントになりそうな事例がいくつかありそうだったので紹介します。

最近有名なのはハヤカワ五味さんが出している、胸が小さい女性向けの下着ブランド「feast」ですね。

小さな胸、折れない心 美しい19歳 feast ハヤカワ五味代表
シンデレラバスト(品乳)向けのランジェリーブランド『feast』を手がけるハヤカワ五味代表は現在19歳。大人気ブランド立ち上げの裏側にある、壮絶な半生とは──

妄想の実現を目指す「モーコレ」

”巫女さん”モチーフの「和風水着」!色香漂う “魅惑のイラスト” を現実に! – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
男性を”悩殺”するこのイラストが実現したら、、!そんな思いから『和風水着』が誕生しました。
”妄想”の実現を目指す「モーコレ」がおこなう、イラスト実現プロジェクト。

パオさんが描いた「12星座ブラ」はTwitterですごい反響があり商品化されています。

あの「12星座ブラ」商品化! セクシーで可愛すぎる下着は3次元でも最高
「星座」をモチーフにしたランジェリーを身につけたおねえさんのイラスト「12星座ブラ」の商品化が決定した。「12星座ブラ」はイラストレーターのパオさんが描く、ネット上で大きな話題を呼んだ下着イラストシリーズ。生産するのは、創業57年の老舗下着メーカー・株式…

資金はどうするの?

みんな物販に在庫・資金がいると思いすぎている気がします。知恵を絞りましょう。

コンセプトが刺さっていれば無在庫でも売れています。例にあげたfeastも最初は予約販売でしたし、モーコレもクラウドファンディングです。

スターテッドでサンプル用に1点作成

どれくらいコストをかかるか算出して値段を決定

予約販売orクラウドファンディング

という流れでやれば、サンプル・イラスト代以外が赤字になることはまずないです。

サンプル(1点)製作| STARted (スターテッド)
パターン・仕様書の作成、資材調達も同時に行います。パターンなどをお持ちで、サンプルの縫製のみの対応も可能です。

イラストは数万円あればやってくれる人はいるでしょうし、生地などを大量に使うものでなければ1着分のコストはそんなにかからないと思います。無理なら親か友達に貸してもらいましょう笑

自作すればさらにコストを抑えられます。なんだったら、サンプル用なので既製品のツギハギとかでもいいわけです。真面目に考えすぎないでください。

最初から大々的にやるのは恥ずかしい人

出して爆死したほうが成長は早いと思いますが、シャイな人向けのやり方も教えておきましょう。

フレンドファンディングの「polca」(審査なし)や趣味の範囲ということでフリマアプリで1点ずつ販売してみてください。

フリマアプリだと拡散しないので、どうやって検索してもらえるかの工夫は必要です。

イラストレーターさんはどうやって探せばいいの?

一番簡単なのはクラウドソーシングサービスで依頼ですかね。仕事をしたい方が登録しているので断られることは無いと思います。

などなど探せば色々でてきます。

中抜きされるのが嫌ならTwitterとかPixivでスカウトしてもいいかもしれません。
ちゃんとコンセプトを考えていれば引き受けてくれる人はいると思います。

モデルさんはどうやって探せばいいの?

イラストやサンプルができていればTwitterなどで募集しても集まりそうですね。

フリーモデルの方やコスプレイヤーさんにイラストやサンプルを見せてスカウトするのもいいかもしれません。
こんなサイトもあるようです。
フリーモデルのお仕事を探す、依頼する【FreeMo | フリーモ】

意外とモデル界隈はローテクなようでモデル募集掲示板(検索したらでてきます)にも人がいるようです。

製品が完成したらどこで売るの?

最初は既存のサービスを使ったほうがサクッと始められます。
売れてきてもっとカスタマイズしたい、手数料を抑えたいとなってから独自サイトやカスタマイズできるサービスに変更したほうがリスクを抑えられます。

BASE(初期費用無料+販売時手数料)
カラーミーショップ(初期費用+月額900円)

予約販売機能はないですが、フォームで先に登録してもらったり、発送期間を長くとったりして工夫をしましょう。

 
とまあ、こういった感じでビジネスを考えていけばできそうな気がしませんかね?何かのヒントになれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください